BLOG

第23回Growth Pitch -ヒューマンリソース特集-

3月14日(木)、Fukuoka Growth Next で、スタートアップの成長促進や、企業との事業提携機会の創出を目的として、大企業や中小企業、 VC、メディアを対象としたスタートアップによるピッチイベント「Growth Pitch“ヒューマンリソース特集”」を開催しました。

今回のテーマは“ヒューマンリソース”。人手不足が深刻化し、労働生産人口が減少するという大きな社会課題の解決に向け、AIの活用やギグエコノミー、アルムナイリレーションなどの領域で、スタートアップが新たな働き方改革やサービス連携に取り組んでいます。

今回はその中から、スタートアップ4社にご登壇いただき、主に地方に特化した採用戦略についてお話いただきました。

"プロフェッショナル人材のシェアリングサービス"

1社目の株式会社サーキュレーションは、インディペンデント・コントラクターやプロフェッショナル人材、フリーランスを企業にシェアするサービスを展開しています。

アメリカでは、労働人口の実に30%以上がフリーランス。今後もその数は増加傾向にあると言われています。日本でも、労働人口の減少で、フリーランス、インディペンデント、ノマドなど、働き方の多様化が進むなか、同社では、課題ごとの変動費モデルの人材活用に取り組まれています。

サービスの強みは、1.業務委託なので固定費ではなく変動費で活用できる。2.採用・雇用でない為、1ヶ月単位のPJTベースでの人材活用が可能。3.初回ご提案から人材のご紹介まで2週間程度、実稼働まで4週間程度で実施できる。4.日本最大規模(登録者数10,000名)のフリーランス・プロ人材のデータベースを保有。

取引先企業と担当案件については、製造・サービス・IT企業からのオーダーが多く、ITインフラ周り、人事制度、新規事業開発が多く、業務委託からの人材紹介への切り替え等の実績もあります。
また、福岡は関東エリアと比べて広報やEC強化の案件のご相談を多く頂いています。

多様化する働き方と、企業の経営課題に対するサーキュレーションの取り組みに、期待が高まります。

"組織の「嬉しい」と「悲しい」の見える化で課題解決を!"

2社目のSMILE SCORE株式会社が提供するのは、組織がメンバーの気持ちに寄り添うためのコミュニケーションプラットフォーム。組織・経営者・従業員の働く気分指数を5段階で見える化します。

従業員が会社に伝える離職理由の多くが「家庭の事情」。しかし調査結果では仕事のストレスや人間関係、今の仕事で実力を発揮できないなどの本音が見えてきたようです。

SMILE SCOREの情報を閲覧できるのは、基本的に社内メンターのみ。必要に応じて外部コンサルタントの協力も得られる仕組みです。

質疑応答では、「5段階評価だけで、十分なチェックができるのか?」「バックグラウンドのサポート体制が理解しづらい」などの意見が出ました。課題はありますが、現状では、面談でのヒアリングのきっかけ作りに大いに活用されているとのことです。

SMILE SCOREの願いは「従業員の幸せが、顧客の幸せとなる、社会の幸せとなる」。大きな社会課題解決へのチャレンジはこれからも続きます。

”イキイキした人づくりを実現するITサービスを提供”

3社目の株式会社Be&Doのビジョンは、「日本の現場力を高めたい」。生産性が低い、活気なく人が定着しないなど、成果が出ない職場で、問題解決する力をつけるサポートすることです。

好業績を上げるチームの3つの共通点は、1.目標が明確であること 2.プロセスが共有されていること 3.メンバー間に強い信頼感があること。その理想に近づけるために開発されたのが、“毎日3分間の振り返りで現場力をUPするWebサービス”「Habi*do」。設定した目標を毎日振り返り、ほかのメンバーにも共有する仕組みです。データの蓄積でプロセスを可視化し、評価・配置・育成のデータ構築ができるのが特長。モチベーションの共有や、効果的なフィードバックに活用されています。

導入先は業態・業種問わず。個々の成果に繋がる支援をしていきたいと語られました。
提携イメージは、コンサルティング会社など。同社はHRテクノロジー分野なので、人事よりも経営者や事業部長などがターゲットなるそうです。

現場課題について考え、本気でアクションできる方をサポートしたい-。そんな強いメッセージでピッチを締めくくりました。

“福岡移住100人を目指して-東京の優秀人材を福岡へ”

最後は、福岡に特化した人材紹介会社株式会社YOUTURN。社名には、Uターンと「次はあなたの番」という意味がこめられています。

対象は、東京で経験を積んだ、新しいイノベーションを起こせる人。マッチングは、経営人材など可視化が難しい職種の潜在的ニーズに応えることをイメージされています。福岡に魅力を感じるIターンの人も希望されています。

2019年1月、福岡移住100人宣言をプレスリリースした同社。経験豊かなキャリアコンサルタントが企業と人材をつなぎ、地方の課題解決にチャレンジしています。

質疑応答では、会員に個別のヒアリングをするなど、マッチング準備に時間がかかるので、メンテナンスを強化していきたいと語られました。また、今後はアセスメントツールを開発し、活用したいとのことです。

多くの福岡ベンチャー企業からも熱い応援を受ける同社。地方の課題解決に全力で取り組む情熱が伝わってくるピッチでした。

すべての働く人と企業が抱えるヒューマンリソース課題。会場からは多くの質問があげられ、課題解決に向ける関心の高さがうかがえました。

※Fukuoka Growth Nextは、2019年5月31日にリニューアルオープンを予定しています。今後、ますますスケールアップする第2期Fukuoka Growth Nextにご期待ください!

次回は4/11(木)に 第24回Growth Pitch -物流特集-を開催します。詳細はこちらをご覧ください。