BLOG

第11回Growth Pitch -Fintech特集-

 4月12日(木)、Fukuoka Growth Next で、スタートアップの成長促進や、企業との事業提携機会の創出を目的として、大企業や中小企業、 VC、メディアを対象としたスタートアップによるピッチイベント「Growth Pitch “FinTech特集”」を開催しました。

 「FinTech」みなさまも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?Financial(金融)と Technology(技術)を掛け合わせた造語ですが、ITを駆使した金融サービスのことを表します。世界的に市場は拡大しており、2016年には関連企業が5,000社を超えています。
 今回のGrowth Pitchでは、FinTechベンチャーの3社が登壇しました。

"株式投資型のクラウドファウンディング「FUNDINNO」"

 最初に登壇していただいたのは、株式会社日本クラウドキャピタル。株式投資型のクラウドファウンディングFUNDINNOを運営しています。本サービスは、出資を募る企業がweb上で投資家から資金調達ができるものです。福岡でも2社が資金調達をしており、累計申し込み総額は8億円、ユーザー数は8,000人にも登ります。
 目指す世界観としては、新規性の高いビジネスを生み出すベンチャー企業が、FUNDINNOで出資を受けたことにより信頼度が高まり、融資を受けやすい状態を作り出すことです。

”個人間の分割払いを可能にするペイメント・プラットフォーム”

 続きまして、台湾よりお越しいただいたINSTO
 INSTOは、個人間取引の分割払いを可能にする世界発のペイメント・プラットフォームの提供をしています。サービスや賃借などあらゆる取引において定期支払いの設定ができ、現在台湾、アメリカで展開中。個人間取引のプラットフォーム、分割払いやカスタマイズ可能な予定払い、一回限りの支払いにも対応しています。
 これまで分割払いは銀行で行われてきましたが、INSTOの利用により脱中央集権化が可能となり、個人個人で分割払いが設定できるようになります。実際に台湾のバンクとの提携では、買い手がバーチャルのクレジットアカウントを利用して取引を行っており、このモデルで今後は、アメリカ・日本への展開予定しています。

”オンライン詐欺撲滅を目指す決済サービス”

 3社目にご登壇いただいたanect 株式会社は東南アジアの e コマース分野の社会課題を解決するため、個人間決済サービス「Tokopay」と、誰でも簡単に e コマースサイトを開設できるサービス「Toko-Toko」を開発・運営しています。
 東南アジア、特にインドネシアの小売業者のオンライン販売進出の手助けと、社会課題になっているオンライン詐欺撲滅を目指して、現地の人々の E コマース利用シーンに最適化した決済サービスを提供。昨年度はインドネシアで、販売者2万人を含む、30万人以上のユーザーが「Tokopay」を利用しました。
 今後はインドネシアに続いてオンライン詐欺の多い、フィリピンやタイへの展開を予定しています。

 次回は5/10(木)の第12回Growth Pitchを開催します。
 詳細はこちらをご覧ください。