BLOG

Fukuoka Growth Next Camp「行動力とファイナンス」(後半)

11月1日(木)、Fukuoka Growth Next で、スタートアップに興味のある方から、資金調達で悩みを抱えている起業家、VCの皆様まで幅広い方を対象に「行動力とファイナンス」をテーマとしたイベントを開催しました。ご登壇者による具体的な事例や体験をふまえた5つのセッション形式で、資金調達へのアプローチや課題について考えます。

※この記事は後半です。前半の記事はこちらからご覧ください。

スタートアップからみた独立系VCとの付き合い方

4番目のセッションでは、独立系 VC がスタートアップへの出資で何を重視しているか、また、スタートアップはどんな行動で資金調達を達成したのか、双方の実体験を踏まえて語っていただきました。

<登壇者情報>
1. F Ventures Founder 両角 将太 氏
2. 株式会社Pear 代表取締役 CEO 島井 尚輝 氏
3. 株式会社オルターブース 代表取締役 CEO 小島 淳 氏

親会社などを持たず、独立して投資事業を営んでいる独立系VC。事業シナジーを目的とするCVCと比べると、受ける制約が少ないのが特徴です。種類によらず、VC選びで一番大切なポイントとして語られたのは、「自分の手がけるビジネスと方向性が合うかどうか」。VC側はスタートアップが開発に集中できるような連携を意識する必要があります。

ほかには、時間の取れない投資先上場企業の社長を訪問する際の工夫などが紹介され、事前準備のうえでプレゼン・フィードバック・ゴール設定をスピーディにし、失敗しても次回に活かす、といった柔軟性が必要だと語られました。起業前の準備段階では、投資家と起業家の認識合わせのためのツール(プロトタイピングツール)を使った、プロダクトやサービスの可視化をしておくことも取り上げられました。

質疑応答では、「福岡市と一緒にスタートアップ・エコシステムを作りたい。福岡をアジアのシリコンバレーにしたい」「九州で起業したら、すごい!といわれるブランド作りがしたい」という小島氏の発言が印象的でした。

会場からは、実際に資金調達に悩んでいる方などから、たくさんの質問が飛びました。登壇者の丁寧なアドバイスに聴き入る参加者の皆さんは、とても真剣な表情でした。

CVCからの資金調達と事業シナジー

最後のセッションでは、事業シナジーを求める CVC ならではの出資を決めるポイントや、事業提携や販路拡大シナジーをCVC に求めたスタートアップに、その理由をうかがいました。

<登壇者情報>
1. マネックスベンチャーズ株式会社 インベストメントマネジャー 永井 優美 氏
2. 株式会社SKIYAKI APPS 代表取締役社長 在國寺 穂 氏
3. KLab Venture Partners株式会社 代表取締役社長 パートナー 長野 泰和 氏
4. LINE Ventures株式会社 木村 正博 氏

その他のVCがキャピタルゲインを目的としているのに対し、CVCは事業シナジーを目的として投資を行っているため、一般的にCVCからの調達を受けると、業務提携のなかで、ベンチャーの活動に縛りができることが多いと言われています。決定から投資までの期間が長いのも特徴。その他VCが1、2か月なのに対し、CVCは半年以上かかることも。投資先の企業がプロダクト・事業ごとに円滑にできているか、共同開発時には売上げに繋がっているかをシビアに評価する面があります。

「投資の際に見るポイントの一つは経営陣の資質。情熱、ビジネスの感覚」と語る在國寺氏。SKIYAKI本体も小さなスタートアップなので意思決定が非常に速く、自社のリソースを使って、投資先の企業がグループとしてどれくらい加速・成長できるかに注目しています。
長野・永井両氏が共通して語るポイントは「経営者に意志や原体験があるか?」。レスポンスの速さだけでなく、自分のなかから誠実な答えを出せる人をサポートしたいとのことです。

また、会社として投資したい人について「必ずしもLINEとのシナジーが必要ということではない、シナジーはあってもいいしなくてもいい」という起業家をイメージしている木村氏。LINEVenturesが出資し、インパクトのあるところまで最短経路でスタートアップを育てていくことを考えておられるそうです。

VCと組む際、気を付ける点として永井氏が指摘するのは「ベンチャーサイドの未来予想図に無理がないか?」ということ。提携ありきで事業計画を組むなど、期待値を大きく持ちすぎることを危惧しているとのことです。たとえば、事業会社がスキームを考え、ベンチャーはセールス人員を持たなくても売り上げを伸ばせる仕組みを作るとか、技術はあるが情報がないベンチャーが、DBなどの試算を持つ相性の良い事業会社と事業提携ベースで組む、といった方法が現実的なようです。

最後は「投資したいスタートアップ像」について、「LINEを超えるサービスを提供する企業。家族含め、大事な人とのコミュニケーションができるサービスやデバイスを開発できる人と継続的につきあいたい」(木村氏)、「できるだけ多くの起業家と会い、スタートアップエコシステムを盛り上げたい」(長野氏)、「今までなかったカテゴリー自体を一緒に生み出してくれる、スケール感を持ったスタートアップと組みたい」(在國寺氏)というお三方のコメントで締めくくられました。

スタートアップの急成長に欠かせない資金調達の課題について、実際に活躍しているVCとスタートアップ、それぞれから具体的な事例が語られ、充実したイベントとなりました。

業界のセグメントは日々変化し、スポーツテックなどポテンシャルのある新しいマーケットも生まれています。スタートアップとVCとのより良い連携で、世界を変えるイノベーションの実現に期待が高まります。

Fukuoka Growth Nextはビジネスマッチング・プラットフォームとして、福岡から世界へ羽ばたくスタートアップをこれからも全力で応援します。