EVENT

地域戦略としてのBEPPU PROJECTとは

『BEPPU PROJECT 2005-2018』を刊行したBEPPU PROJECT代表理事 山出淳也氏と、FDC石丸氏とのトークイベントを開催します。

福岡市は人口増加数・率全国1位、自然と街が近いコンパクトシティ、起業しやすい街としてなど、福岡にまつわる様々な書籍が発行されたり、BRUTUSで特集を組まれるなど、日本で今最も注目を集めている街と言っても過言ではありません。しかし、福岡にあって他の街にはないもの、他の街にはあって福岡にはないものもあるのではないでしょうか?

BEPPU PROJECTは大分県別府市のアーティストであり起業家である山出氏が立ち上げた、現在13年目のアートNPOです。
このBEPPU PROJECTの誕生により、別府市は創造都市の方向へ大きな舵を切っています。この山出氏の取り組みを、福岡地域戦略推進協議会(Fukuoka D.C.)の石丸氏と共に、BEPPU PROJECTの取り組みを他の地域で応用できること、アートやデザインがビジネスで果たす意味、その可能性、また福岡の強みを活かした地域戦略など様々な角度からトークセッションを繰り広げ、福岡で起業やビジネス展開を目指す方々のためになる情報を提供します。

また今年、大分県で開催する国民文化祭の目玉イベントである『アニッシュ・カプーア IN 別府』やライゾマティクス・アーキテクチャーによるシークレットイベント『日田の山と川と光と音』もご紹介する盛りだくさんな内容となっております。ぜひご参加ください。

■タイムテーブル
19:00 登壇者のご紹介
19:10 山出氏より、BEPPU PROJECTについて
19:40 山出氏、石丸氏トークセッション
20:45 質疑応答
21:00 終了

■登壇者

山出淳也氏

NPO法人 BEPPU PROJECT 代表理事/アーティスト
1970年大分生まれ。PS1インターナショナルスタジオプログラム参加(2000〜01)。文化庁在外研修員としてパリに滞在(2002〜04)。アーティストとして参加した主な展覧会として「台北ビエンナーレ」台北市立美術館(2000〜01)、「GIFT OF HOPE」東京都現代美術館(2000〜01)、「Exposition collective」Palais de Tokyo、パリ(2002)など多数。帰国後、地域や多様な団体との連携による国際展開催を目指して、2005年にBEPPU PROJECTを立ち上げ現在にいたる。

別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」 総合プロデューサー(2009、2012、2015)
国東半島芸術祭 総合ディレクター(2014)
おおいたトイレンナーレ 総合ディレクター(2015)
「in BEPPU」総合プロデューサー(2016〜)
国民文化祭おおいた2018 市町村事業 アドバイザー(2016〜)
文化庁 文化審議会 文化政策部会委員
平成20年度 芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞(芸術振興部門)

石丸修平氏

福岡地域戦略推進協議会(Fukuoka D.C.)事務局長
済産業省入省後、大臣官房政策評価広報課、中小企業庁長官官房参事官室等を経て、プライスウォーターハウスクーパース(PwC)に参画。その後、福岡地域戦略推進協議会(FDC)に転じ、2015年4月より現職。九州大学客員准教授。アビスパ福岡アドバイザリーボード(経営諮問委員会)委員長、Future Center Alliance Japan(FCAJ)理事、九州大学地域政策デザイナー養成講座エグゼクティブディレクター、Institute for Future Asian Football(IFAF)Advisory Fellow等を歴任。福岡県飯塚市行政アドバイザー等公職も務める。

INFORMATION

Date of events 10/17(水) 19:00-21:00
Venue Fukuoka Growth Next 1F スタートアップカフェ
Fees 無料
主催 福岡市スタートアップカフェ
For inquiries 福岡市スタートアップカフェ
TEL:080-3940-9455
MAIL:fukuoka@startupcafe.jp
Remarks Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/678859912488271/

CALENDAR

{{$calendar.month}}.{{$calendar.year}}

{{week}}
{{date.day}}
{{date.day}}