EVENT

STARTUP FUNDAMENTALISM for Student

孫 泰蔵氏と小笠原 治氏による、学生向けの集中スクーリングを開催!!

 Fukuoka Growth Nextは福岡の新たなスタートアップのプラットフォームとして誕生した、官民共働型スタートアップ支援施設です。独自のスタートアップ支援プログラムによって、スタートアップ企業を次のステージへ導く支援しています。

 「STARTUP FUNDAMENTALISM for Student」では両者がどんな思いをもってスタートアップに投資をしてきたか、投資までの流れやファンドの仕組みをセッション形式で解説。トークセッションだけでなく、事前募集した事業アイデアをさらに具体化するグループワークを実施することで、起業に向けて具体的な行動を起こせる学生を育成します。

開始終了 1日目
10:30開場(受付開始)
11:0011:30トークセッション
孫 泰蔵 氏 / 小笠原 治 氏
11:4012:10事業アイディア発表
グループ分け
12::1018:30グループワーク開始
孫氏、小笠原氏より各グループにアドバイス
18:3021:00awabar fukuoka にて交流会
21:00 終了
開始終了 2日目
9:0011:00開場&グループワーク開始
11:0013:00グループワークピッチ
13:0014:30ランチ交流会
14:30 終了

Mistletoe株式会社 ファウンダー 孫 泰蔵 氏

 1972年生まれ。佐賀県出身。東京大学在学中にYahoo! JAPANの立ち上げに参画。2002年、ガンホー・オンライン・エンターテイメントを設立、デジタルエンターテインメントの世界で成功を収める。2009年に「2030年までにアジア版シリコンバレーのベンチャー生態系をつくる」として、スタートアップのシードアクセラレーターMOVIDA JAPANを設立。その後2013年に単なる出資にとどまらない総合的なスタートアップ支援に加え、自らも事業創造を行うMistletoe株式会社を創業。21世紀の課題を解決し、世の中に大きなインパクトを与えるようなイノベーションを起こす活動を国内外で本格的に開始。ベンチャーの活躍が豊かな社会創造につながることを目指している。

株式会社ABBALab 代表取締役 小笠原 治 氏

 1971年京都市生まれ。さくらインターネット株式会社の共同ファウンダーを経て、ネット系事業会社の代表を歴任。2011年、株式会社nomadを設立しスタートアップ支援事業を軸に活動。2013年、株式会社ABBALabとしてIoTスタートアップのプロトタイピングに特化した投資事業を開始。同年、DMM.makeのプロデューサーとしてDMM.make 3Dプリントを立上げ、2014年にはDMM.make AKIBAを設立。2015年からエヴェンジェリスト。同年、さくらインターネットにフェローとして復帰。2017年より、京都造形芸術大学教授に就任。同年、社会実装を目的とした研究開発組織mercari R4Dのシニア・フェローに就任。他、経済産業省 新ものづくり研究会 委員及びフロンティアメーカーズ PM、NEDO TCP事業 委員、福岡市スタートアップ・サポーターズ 理事 等。

INFORMATION

開催日時 2018/2/3(土)10:30-21:00、4(日)9:00-14:30
会場 Fukuoka Growth Next 1F イベントスペース
料金 無料
定員 20名
お問い合わせ先 Fukuoka Growth Next 運営事務局
info@growth-next.com
事前申込 必要:下記フォームよりお申込みください。
https://goo.gl/forms/RRDNNY855xDGykTE3

CALENDAR

{{$calendar.month}}.{{$calendar.year}}

{{week}}
{{date.day}}
{{date.day}}